ドローンとは、飛行機や回転翼航空機、グライダーなどの滑空機、飛行船などで構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操縦または自動操縦で飛行できるものの通称。航空法では100g以上のものを「無人航空機(英訳:Unmanned Aerial Vehicle、UAV)」と定義している(無人航空機の重量に満たないものは「模型航空機」に定義される)。

背景

 ドローンの歴史は古く、1935年に軍事訓練用複葉機(※)をベースにイギリスで開発された無線誘導航空機「Queen Bee(クイーン・ビー、嬢王蜂の意)」を軍用無人標的機として活用したところから始まる。その後、1940年にアメリカ海軍で開発された無人標的機が「Queen Bee」に対抗して「Drone(ドローン、雄蜂の意)」と称されたことからドローンと呼称されるようになったと言われている。
※【複葉機】飛行機のうち、左右の両側にそれぞれ2枚以上の主翼を持つもの。

 日本国内においては、1990年代より農薬散布分野で産業用無人ヘリコプターが活用され始め、2014年後半頃からは中国DJI社の手軽・高性能で比較的安価なPhantom 2など小型空撮用ドローンが普及し始めている。

 また、2015年当時の航空法ではドローンの存在を想定していなかったため、2015年12月10日の航空法の改正によって無人航空機が定義され、操縦者や補助者が機体を常時監視しながら飛行する前提(レベル1、レベル2)で飛行禁止空域や飛行の方法がルール化された。

市場規模と動向

 近年では撮影(空撮)、農業、点検、物流、防犯、土木・建築などさまざまな分野で活用され、国内においては2016年に353億円だった市場規模が2022年には3,200億円、2025年には6,468億円になると見られている(ドローンビジネス調査報告書2021より)。

 2022年からはドローンの活用レベルはさらに引き上げられ、都市部における物流などを想定し「有人地帯における目視外飛行(補助者なし、レベル4飛行)」を実現すべく機体・型式認証制度や操縦ライセンス制度が創設された。